mooneonつれづれなるまま

色々思うことありますね

産後のセックスをなめるな

妊娠出産は、女性にとって一大事。

 

体も大きく変わり、

着たい服も制限がかかる。

産んだ後なんて、もう一日中寝ていたいが、

そうもいかない。

 

なんせ、何もしなければ死んでしまう赤ん坊が

突然目の前に現れるのだから。

 

無我夢中。

夫にかまう時間など無く、必死だ。

少しでも時間があれば、横になりたい、寝ていたい。

 

産後クライシスという言葉があるが、

妊娠中だけでなく、産後も肝心なのかもしれない。

 

もちろん、常識のある男なら妻を労わり

一緒に大きな山を超えてくれるだろう。

 

労わる・・・・

私の出産は、早期胎盤剥離による緊急帝王切開だった。

命を懸けた出産だったが、

夫に労わりの言葉をかけてもらった事はない。

 

産後2日目、私はNICUに入っている娘に会ってなかった。

腹の傷が痛く動けなかった。

そんな私を見て、夫は不機嫌になった。

「え? まだ見に行ってないの??」

眉間にシワを寄せ、私を半ば強引に車椅子に座らせ

NICUへ連れていかれたことを思い出す。

 

思えば、私と夫の歯車は、この辺りから

少しずつ少しずつ、ズレ始めていたのかもしれない。

 

産後のセックス。

嫌だった。

 

産後のセックスをなめるな。

夫は、産後のセックスが不満で、外に癒しを求めたのだ。

 

それが、こんなに人生を揺るがす

一大事になろうとは、この時は微塵も思ってなかった。

 

 

振り返ると・・・パート7

夫の不倫が明らかになった時。

夫はこう言い放った

「だって嫌がったじゃない!!!!」

 

それは、このブログ振り返れば・・・パート6でお伝えした

まさにあの時のことらしい。

 

出産直後で、敏感になっていた胸。

入院中、ガサツな助産師に揉みくだされた胸。

もう触って欲しくなかった。

 

それを一度、嫌がった事を理由に

夫はそれを盾に

「だって嫌がったじゃない」と

不倫を正当化してきたのだ。

 

不妊治療しても子供が欲しいと言った夫だが、

結局タイミング療法など無視し、好きなときに好き勝手に

していたのはなんでなんだ?

 

ものすごく、とてつもなく恥ずかしい思いをして

「あの・・・今日・・・・・なんだけど」と言っても

「ああ、ごめん疲れてる」と背中を向けられた

あの屈辱。

 

夫は自分勝手な、性欲異常な男だった。

今思えば。

 

 

お医者さん

私の夫は、

外見、真面目で冗談など言わない

お堅いタイプ。

 

私の友人、みんな「真面目そうだね!」と言っていた。

 

でもここに告白しよう。

 

彼はムッツリスケベだ。

イヤラシイこと大好き。

だから、不倫のセックスも辞められない止まらない。

 

いつだか、先に夫が寝た時

寝室に行ったら、ipadでエロ動画を見ていた。

今思えば、6歳下の看護師長との情事のため

色々研究していたのかもしれない。

 

彼のセックスは・・・・ヘタだと思う。

AV男優そのままの動作で、気持ち悪い。

そしてすぐにイッてしまうので・・・・・・

 

だから、看護師長も一度妊娠し、中絶し

また再度妊娠に至ったのではないのだろうか。

 

まあ、2人ともシモが

だらしいないな。

 

39歳と45歳が何やってるんだか。

 

私の娘は、今だに、夫が戻って来ると信じて

車の音がすると玄関に飛び出して待っている。

 

看護師長と新しい家庭を作る気満々で

娘を捨てた夫が帰ることないのに。

 

娘だけは本当に不憫だ。

 

 

 

頭が悪いのか?

看護師長にも弁護士がついた。

 

彼女は、「先生は奥さんと離婚して、私が結婚するんです」と

言っているらしい。

 

バカか?

よくもそんな事をベラベラと話すもんだ。

 

しかも今回彼女が、弁護士を頼んだのは

2度目の不倫を訴えられた際、弁護士同士で交わした合意書違反をして、

再び訴えられているからなのに。

 

そして最悪な事に、

「直接、奥さんに会って謝りたい」と話してるらしい。

 

はあ?

せり出した腹でも見せたいのか?

「先生は私と結婚するのよ!」と見せつけたいのか?

 

彼女の意図が分からない。

1度目の不倫でも、謝りたいと言ってきて

私はその謝罪を受け入れたのに・・・・

 

頭が悪いのだろうか?

こんな人間が看護師長??

 

はっきり言って、怖い。

 

婚姻費用

しかし何なんだ。

 

家を出る前日まで、一緒にご飯を食べ、普通に会話して、

同じ部屋で寝ていた夫。

 

翌日、膝を折って「やっぱりダメだから家を出ます」

何の説明もなく、逃げるように、

「七海、バイバイ」といたって普通に出て言った夫。

あの逃げるような、テンパった姿がカッコ悪かった。

 

 

2度目の不倫がバレて半年は

「やり直す! 娘に恥ずかしくないお父さんになる!

お前を幸せにする!」と言っていたのだが、

半年後には・・・・

 

「離婚したい」

「最初から合わなかった」

「娘より、彼女を取る」

「別居したい」

と言い出すようになっていた。

 

もちろん、そんな一方的な話でOK出来るわけもなく、

話し合いになどならず、喧嘩になった。

 

今思えば、またその時点で彼女とヨリを戻してたって訳だ。

 

別居後、翌日には弁護士から、

これからは当職を通じて話をしてくれとの封書が届き、

夫に直接、今までの経緯、なぜ出て行ったのか、

これからのことはどうするのか、娘はどうするのかなどなど

話し合うべきことは沢山あったのに、

もう直接話すことは出来ない。

 

怒りをぶつけようにも、もう逃げた相手には届かない。

 

 

夫が家を出て、1ヶ月ちょい。

現在は、婚姻費用の取り決めをしてるところだ。

捨てた妻には、ビタ一文渡す気はないらしく、

「誠意を持って」などと文書では届くのだが、

実際提示してくる条件は、私にとってはかなり厳しい。

家のローンも丸々、婚姻費用から控除されている。

 

夫は勝手に出て行って、

私は娘がいるため、

この家に住まざる得ない状況なのに、あの男は。

 

専業主婦で、自閉の娘を抱えてては

身動きが取れない。

 

向こうは、好き勝手やって

不倫妊娠看護師長とよろしくやっていて、

2人とも収入を得ているのに、何だか悔しい。

 

この1っヶ月で4キロ減った。

気分が悪くて、食事が喉を通らない。

夜も、2時間おきに目が覚めて、これからの事を考えてしまい

眠れない。

 

今日はとうとう精神科へ。

眠剤と安定剤を処方され、あまりひどいようなら抗うつ剤も考えましょうと。

 

私だけじゃない、私の姉も母も、親戚も、友人も、学校の校長、担任、

夫の働く病院の先生方、皆が夫と看護師長に対して

怒っている。激怒している。

 

看護師長さん、10月に出産らしい。

39歳、不倫で生まれる子供は

一体どんな子供で、どんな一生を送るのだろう。

 

人の人生をめちゃくちゃにし、

1つの家庭を崩壊させた2人の子供。

 

麻酔科医の馬鹿夫と

不倫体質の看護師のおかげで

私の人生、メチャクチャだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返ると・・・パート6

毎日、手のかかる娘に

私は疲れていた。

 

いっぱいいっぱいだった。

今思えば、少し神経を病んでいたと思う。

 

無意識に携帯を叩き壊したり、

7階のベランダから、「ここから落ちれば自由だ」

などと思ったり。

 

そして、毎日イライラしていた。

寝る時間も、ご飯を食べる時間さえ制限され、

狭いマンションの部屋に閉じ込められたようで、

苦しかった。

息が詰まってた。

 

そんな私の一息つける時間は、

娘の昼寝の時間だった。

 

やれやれ・・・これでゆっくりご飯を食べ・・・・

夫がキスで誘ってくる。

 

昼間だよ?

私とっても疲れてるんだよ?

まだご飯も食べてないんだよ?

やっと一息つけるんだよ?

 

断るわけにもいかず、

ベッドへ行く。

 

ゴロンと転がれば、天井は白く明るい。

いつもの順番で、夫の口が体に這う。

 

全くやる気がしない。

私は無意識に、胸に顔を埋める夫の顔を

グイッッと押しやった。

 

事は最後まで及んだ。

まだまだ縦斬りの帝王切開の傷は痛々しいのに。

 

 

振り返ると・・・パート5

娘は喋らなかった。

決まった単語のみを話す。

助詞がない。

 

でも2歳半でやっと

おとうさん おかあさん を言ったのだ。

やっぱり違うよな?

ただ単に言葉が遅いだけだよねって思っていた。

 

相変わらず、癇癪や数字やアルファベットの執着は

酷くて、一日中、アルファベットを見ていた。

 

夫は言う。

「七海は、分り過ぎちゃってるだけ。

大学まで行けるから

・・・・でもお父さんと同じ医者にはならないほうがいい〜」

など、軽い発言。

 

娘を全く理解していないのか?

現実逃避的な発言は続いて

頭を悩ませたものだ。

 

お前、現実逃避してるだろ?と。