mooneonつれづれなるまま

色々思うことありますね

高い場所へ

わたしは その笑顔がだい好きで もう たまらなく好きで どうにかなってしまいそうなくらい好きで 高いところへ連れていって 何度でも何回でも 今なら一緒に行けるはず

夏の夜〜朝

夏の夜の嵐 それはなにかの アトラクションみたいで フロントガラスに音を立てて落ちてくる雨粒とか 強い風に舞い踊る葉っぱとか 誰もいない駐車場 安い酒 流行の音楽 私たちは夜に沈んで ずっと夜ならいいのに 朝は来てしまう 薄暗い湿った匂い 少し明るく…

恋の化石

化石になった恋を 今夜も抱いて眠ろう

百合の花

いやらしい。 卑猥である。 1本ヌラヌラした雌蕊。 6本待ち構えてる雄蕊。 1人の女に6人の男。